アトピーにやさしい敏感肌向けファンデーション全集

HOME » アトピー肌をいたわるメイクの基礎知識 » 赤みを隠すメイク術

赤みを隠すメイク術

ここではアトピー肌の赤みをメイクで自然に見せるテクニックを紹介しています。

自己流は危険!

赤ら顔にはメイクをしない方が良いとの意見もありますが、強い炎症を起こしていなければトライしてみる価値はあります。

赤ら顔の肌は下地なしでファンデーションを塗ると白く浮いてしまいます。また、顔を白くしたからと白やピンクの下地を塗ると、逆に不自然になってしまいます

そして多いのが、肌の色を隠そうとファンデーションを重ね塗りしてしまい、首の色と顔の色が違ってしまうパターンです。自己流で赤みをカバーしようとすると、逆効果になることがあるので注意です。ここで顔色が自然に見えるメイクのコツをマスターしておきましょう。

グリーン・イエロー系の下地がおすすめ

肌の赤みは化粧下地の色でコントロールするのがポイントです。顔の赤みを隠すには、グリーンやイエロー系がおすすめです。

赤に緑を重ねると、光の関係で肌の色が黄色に見えるそうです。そのため、赤ら顔を自然な顔色に見せる効果があります。緑の下地はあまり見かけませんが、コントロールカラーとしてよく販売されています。コントロールカラーは下地の上から塗って肌色を調整するものです。メーカーによって色味が微妙に異なるので、自分に合った色を選びましょう。

イエロー系の下地も赤みを抑えてくれる効果があります。イエロー系は下地や日焼け止め、コンシーラーでも見かけるので、選択肢も豊富です。

そして赤みが部分的に強い人は、赤い部分だけ塗ると自然に仕上がります。顔が全体的に赤い人は、頬など赤みが強い部分から広げるように塗っていくことがポイントです。

下地は顔色をよくしようとつい何度も塗ってしまいがちですが、不自然になってしまうので薄塗りが基本です。

 
アトピー肌にぴったりなファンデーションランキング