アトピーにやさしい敏感肌向けファンデーション全集

HOME » アトピー肌にむいているファンデーション選びのポイント » 保湿効果の高さで選ぶ

保湿効果の高さで選ぶ

ミネラルファンデーションなど肌にいいファンデーションの保湿効果について調べてみました。

アトピー肌に欠かせない保湿

アトピー肌の悩みの多くに乾燥があります。セラミドという角質層の細胞間脂質の主成分が少ないため、乾燥しやすく刺激に弱い状態になっているのです。そのため、アトピー肌の方がファンデーションを使用する際は、ファンデーション自体の保湿力はとても重要なのです。

おすすめの保湿成分

アトピー肌向けのファンデーションの保湿成分として、アミノ酸類やグリセリン、コラーゲンやエラスチン、スフィンゴ脂質、水素添加大豆レシチン、リピジュア(r)ヒアルロン酸などがあります。中でもヒアルロン酸は肌に塗るとnmf(天然保湿因子)に近い働きをすると言われています。

アトピー肌に不足しているセラミドももちろん有効です。ただ水に溶けにくいセラミドを配合するには界面活性剤が必要となります。界面活性剤はアトピーの肌に負担をかけるので注意が必要です。

一番のおすすめの成分はラウロイルリシン。植物由来のラウリン酸とアミノ酸の一種のリシンから作られるパウダー状の保湿成分です。

nmf(天然保湿因子)に含まれており、肌に負担なく自然な潤いで満たしてくれます。さらに紫外線予防の効果もあります。

1日中肌に密着させるファンデーション。パサパサの状態になってしまうと肌に大きな負担になってしまいます。肌の潤いをしっかり守ってくれるものを選びたいものです。

アトピー肌でも安心の保湿成分

アミノ酸類、グリセリン、コラーゲン、エラスチン、スフィンゴ脂質、水素添加大豆レシチン、リピジュア(r)、ヒアルロン酸、ラウロイルリシンなど

 
アトピー肌にぴったりなファンデーションランキング